澳门巴黎人

集团 機電(集团 機電)内蒙(内モンゴリア)通遼39.3MW貧困扶助太陽光発電所プロジェクトが(順調に電力会社に連系済み)成功裏にグリッドに接続

出所:集团 機電発表時間:2018-07-02 閲覧量:5141

项目现场场景

 

6月29日、集团 機電内蒙通遼39.3MW貧困扶助太陽光発電所プロジェクトが成功裏にグリッドに接続し、0.75元/kWhの電気価格の取得にも成功しました。


このプロジェクトは、集团 機電の蒙東地方での初めての太陽光発電グリッド接続発電所です。このプロジェクトは、通遼市科左後旗の海鲁吐鎮に位置し、約1400ムーの面積をカバーしています。発電所の稼動期間中の平均年間発電量が5229.51万kWhである見込みです。


このプロジェクトは、2017年12月に通遼市発展改革委員会で登録され、2018年4月17日に工事が開始し、そして2018年5月21日に電力システムへのアクセスが許可されました。72日夜の奮闘の結果、プロジェクトチームは最終的に630グリッド接続ミッションを完了しました。


このプロジェクトは、科左後旗政府の主要貧困扶助プロジェクトであり、1,572貧困世帯に関係しています。プロジェクトのグリッド接続の成功は、貧困世帯の収入が毎年3,000元増加し、貧困に苦しむ人々にとって重大な意義があることになります。同社は引き続き国家の正確な貧困扶助政策に応えて支援し、社会的責任を果たしていきます。


文/写真 郭 冉