澳门巴黎人

初心を忘れず、革新を推進

出所:集团 機電発表時間:2018-05-28 閲覧量:1223

5月27日、設立20周年を機に、集团 機電が「使命、責任」をテーマとした大会を開催しました。第八研究所副所長、上航工業社長江姜文正、第八研究所労働組合会長、上航工業副社長朴鉄軍、パークTiejun、元幹部の趙元昌、楽嘉柱、李英徳、趙斌、左躍、徐杰、瞿建華など、集团 機電のリーダーシップチームと従業員代表者の330人以上が集まり、革新とトランスフォーメーションについて検討しました。会議の司会者は党委員会副書記の趙海雅です。



会議は厳粛な国歌で始まりました。会議の初めに、呉昊社長が「20年間のイノベーション、心を忘れずに未来を創造する」をテーマとした講演を行いました。講演では、呉昊社長は集团 機電の20年間の歴史を見直し、第八研究所の元幹部、従業者、グループ会社と第八研究所の現役幹部など、集团 機電の開発を心配していた方に感謝しました。 彼は、外部環境と内部管理の2つの側面から会社が直面している課題を分析し、年間目標の達成方法を作成しました。



続いて、第1および第2期の理事会会長の趙元昌会長は、元幹部を代表して発言しました。発言では、集团 機電の苦難に満ちた年月を思い出し、集团 機電に祝福の言葉を述べました。



この会議では、盛大な大賞授与式が行われました。于清泉などの、会社とともに難関を切り抜けた20名の方が集团 機電「20年20人卓越貢献賞」を受賞しました。会議に参加した幹部は名誉証明書とトロフィーを彼らに贈呈しました。受賞者の代表の孫志軍が皆さんとに受賞の感想を共有しました。



この会議では、盛大な大賞授与式が行われました。于清泉などの、会社とともに難関を切り抜けた20名の方が集团 機電「20年20人卓越貢献賞」を受賞しました。会議に参加した幹部は名誉証明書とトロフィーを彼らに贈呈しました。受賞者の代表の孫志軍が皆さんとに受賞の感想を共有しました。



会議の終わりに、副所長の姜文正も発言しました。「継続的に努力して集团 機電の発展のための新たな壮大な計画を実現する」と題した発言で、彼は産業開発、投資と資金調達、国際化プロセスの3つの側面について第八研究所の成果を認めました。過去20年間の歴史を見直し、過去20年間に航空宇宙電気機械の発展の目撃者と経験者として、彼は、「奮闘、革新、および団結は成功の基本的な保証です」、と貴重な経験をまとめました。彼は、現在の深刻な状況に直面して、これらの精神は血に統合され、世代から世代に渡るべきであると指摘しました。集团 機電の将来の発展に対して、彼は、党委員会と研究所の幹部チームを代表して4つの要件を提出しました:それぞれ、党全体のリーダーシップを強化すること、開発状況を十分に理解しすること、革新を総合的に促進すること、および使命を担うことです。彼は、集团 機電の全従業員を、新しい航路を開拓し、新しい使命を実行し、集团 機電の新しい壮大な計画を描こうと励ましました!




会議の終わりに、副所長の姜文正も発言しました。「継続的に努力して集团 機電の発展のための新たな壮大な計画を実現する」と題した発言で、彼は産業開発、投資と資金調達、国際化プロセスの3つの側面について第八研究所の成果を認めました。過去20年間の歴史を見直し、過去20年間に航空宇宙電気機械の発展の目撃者と経験者として、彼は、「奮闘、革新、および団結は成功の基本的な保証です」、と貴重な経験をまとめました。彼は、現在の深刻な状況に直面して、これらの精神は血に統合され、世代から世代に渡るべきであると指摘しました。集团 機電の将来の発展に対して、彼は、党委員会と研究所の幹部チームを代表して4つの要件を提出しました:それぞれ、党全体のリーダーシップを強化すること、開発状況を十分に理解しすること、革新を総合的に促進すること、および使命を担うことです。彼は、集团 機電の全従業員を、新しい航路を開拓し、新しい使命を実行し、集团 機電の新しい壮大な計画を描こうと励ましました!