澳门巴黎人

太陽光発電産業研究開発センター
  • 太陽光発電産業研究開発センター
    集团 機電は、完全な製品開発システムと技術の研究開発能力を持ち、太陽電池、モジュール、および完全なシステムの技術研究開発に、省および市レベルの技術センターを有しています。人材の迎え入れと育成を通して、私たちは560人以上の科学技術者(そのうち約50人が修士および博士)を含む、高度な技術研究開発チームを持っています。同社は常に技術革新を徹底させ、100以上の国家、地方レベルの科学研究プロジェクトをリード/参加して完了しており、国内外の特許出願の総数は420以上であり、260以上が認可されています。その中:
  • 蒙古自治区レベルの技術センターです
    本センターでは、内蒙古科学技術庁応用技術研究開発資金プロジェクト「メガワット砂漠発電の主要技術研究と応用」、「太陽光発電コンバージェンスインバータシステムの新技術開発」、フフホトの主要科学技術特別プロジェクト「神舟太陽光5MWp発電模範プロジェクト」 、「高信頼性低コスト太陽光発電トラッキングシステムの開発」など、総計8つの自治区および市レベルの科学研究プロジェクトを担当してスムーズに完了しました。
    本センターでは、内蒙古科学技術庁応用技術研究開発資金プロジェクト「メガワット砂漠発電の主要技術研究と応用」、「太陽光発電コンバージェンスインバータシステムの新技術開発」、フフホトの主要科学技術特別プロジェクト「神舟太陽光5MWp発電模範プロジェクト」 、「高信頼性低コスト太陽光発電トラッキングシステムの開発」など、総計8つの自治区および市レベルの科学研究プロジェクトを担当してスムーズに完了しました。
    センターの科学技術成果は、内蒙古自治区科学技術進歩賞、フフホト科学技術進歩賞などの賞を受賞し、約30の特許が認可され、合計7つの国家基準と業界認証仕様の監修/編集に関与しました。
  • 連雲港神舟新エネルギー有限会社技術
    連雲港神舟新エネルギー有限会社技術センターは、2012年に設立された江蘇の省レベルの技術センターです。
    センターはモジュールの低コストと高効率を目標とし、マルチメイングリッド太陽光発電モジュール、スライス太陽光発電モジュール、高光学増幅太陽光発電モジュール、両面太陽光発電モジュール、インテリジェント太陽光発電モジュールなどのモジュール技術の研究に重点を置き、主に新製品の開発、技術の改善、およびパイロット生産を担当し、技術の研究開発の向上と高収益新製品の開発に取り組んでいます。国内外で90件以上の特許出願がなされ、そのうち70件以上が承認されました。
    同センターは国家CNAS研究所の認可を取得し、江蘇省企業院生のワークステーションを設立しました。